2017/18 シャルケ夏の移籍まとめ(最終版)

ドイツのマーケットが閉まったとホッとしていたら、ガイスが移籍していた。何を言っているかわからないだろうと思うが……。

2017年夏の移籍をまとめてみます。Stand jetzt(現時点では)、18人の選手がチームからいなくなりました。解任された監督・コーチ陣も含めるともっとですが。

Transfermarktによると、支払った金額47.50Mユーロ。内訳はベンタレブとコノプリャンカの買取で31.5M、アリ8M、オツィプカ4.5M、インスア3.5Mなどです。それに対し、受け取った金額は7.05Mユーロ。プラッテの0.8M、ギーファーの0.75M以外はすべてレンタルによる収入です。もちろん移籍した選手の給与分は、今後の支出からは減額できるとはいえ、ずいぶん商売が下手になったという気がします。

ドラクスラーがいなくなった2年前の2015/16シーズンでは支出36.7M、収入57.20Mでした。ヘヴェデスの移籍についてはいろいろ思うところはあるのですが、気持ちの整理がついたらそのうち何か書くかもしれません。

【新規加入】
パブロ・インスア (デポルティーボ・ラ・コルーニャ)

2021年までの4年契約。23歳。昨シーズンはプリメーラのCDレガネスにレンタルとして所属し、センターバックでプレーしていました。先日のテストマッチではスリーバックの右に入っていたようです。ブンデスリーガ公式のビデオによるとコケやチームメイトに「パブリート」と呼ばれている模様?

ブンデスリーガ公式のビデオによるとコケやチームメイトに「パブリート」と呼ばれている様子?

アミーヌ・アリ (FCナント)

フランスU20代表のアミーヌがナントから加入。2021年までの4年契約。昨シーズンはリーグ・アンで30試合に出場しました。これがリーグでの初ゴールだとか。

シャルケU19からハジ・ライト、ウェストン・マッケニー、ルーク・ ヘンメリッヒがそれぞれトップチームに昇格しています。

【2017/07/16更新】

フランクフルトからバスティアン・オツィプカが加入。2020年までの3年契約。移籍したコラシナツのポジションを埋めることが期待されています。このあと中国ツアーにも帯同するようです。

【2017/08/04更新】

ゴールキーパーの控えとして、無所属のミカエル・ランガーと2年契約を結びました。32歳のオーストリア人選手。

【移籍】
セアト・コラシナツ (アーセナル)
クラース・ヤン・フンテラール (アヤックス)
フィル・ノイマン (インゴルシュタット)
ファビアン・ギーファー (アウクスブルク)
ティモン・ヴェレンロイター (ヴィレムII)
内田篤人 (ウニオン・ベルリン)
フェリックス・プラッテ (ダルムシュタット)
シドニー・サム (ボーフム)
ルーク・ヘンメリッヒ (ボーフム・レンタル)
ハジ・ライト (ザントハウゼン・レンタル)
ベルナルト・テクペテイ (アルタッハ・レンタル)
ベネディクト・ヘヴェデス (ユヴェントス・買取オプション付レンタル)
ヨハネス・ガイス (セビージャ・買取オプション付レンタル)

【契約満了】
アブドゥル・ラーマン・ババ (レンタル終了・チェルシー復帰)
ホルガー・バトシュトゥバー (レンタル終了・シュトゥットガルト移籍)
デニス・アオゴ (契約満了・シュトゥットガルト移籍)
サシャ・リーター (契約満了・引退)
エリック・マキシム・チュポ=モティング (契約満了・ストーク移籍)

【解任】
ヴァインツィール (監督)
ヴォルフガング・ベラー (アシスタント・コーチ)
トビアス・ツェルナー (アシスタント・コーチ)
トーマス・バート (アスレティック・コーチ)
マルクス・ツェトルマイスル (コンディショニング・コーチ)

 

【2017/18シーズン選手一覧】(並びは背番号順。ポジションはシャルケ公式に基づいています)

監督およびスタッフ

ドメニコ・テデスコ (監督/アウエ)
ペーター・ペルフトルト (アシスタント・コーチ/マインツ)
ダニエル・ベハラウ (コンティショニング・コーチ/ シャルケユース)
ジモン・ヘンツラー (GKコーチ)
ルヴェン・ファラー (コンティショニング・コーチ)
ラース・ゲルリンク (ビデオアナリスト)
ミルコ・シュエラー (ビデオアナリスト)

GK

 1.  ラルフ・フェアマン
34. ミカエル・ランガー
35. アレクサンダー・ニュベル

DF

3. パブロ・インスア
20. ティロ・ケーラー
23. コケ
24. バスティアン・オツィプカ
29. ナウド
31. マタィヤ・ナスタシッチ  

MF

2. ウェストン・マッケニー
7. マックス・マイヤー
8. レオン・ゴレツカ
10. ナビ・ベンタレブ
11. イェウヘン・コノプリャンカ
17. ベンジャミン・スタンブリ
18. ダニエル・カリジュリ
25. アミーヌ・アリ
28. アレッサンドロ・シェプフ

FW

 9. フランコ・ディ・サント
16. ファビアン・レーゼ
19. ギド・ブルクシュタラー
33. ドニス・アブデヤイ
36. ブレール・エンボロ

 

2017/18 シャルケ夏の移籍まとめ(最終版)」への6件のフィードバック

  1. こんなに多くの選手が出て行ったにもかかわらず、商売下手すぎですね。で、困ったことに来シーズン終了後にフリーで移籍すると(現時点では)すでに言っちゃってるマイヤーとか、留めたがってるけど無理じゃないかのゴレツカがいますもんね。

    で、現時点でフィールドプレーヤーは19人。確かにインターナショナルがないし、就任時にテデスコが言ってるように人数を減らすってのはわかるのですが、これでEL、CLの順位に入ることが本当にできるのかクオリティの点でも疑問です。

    ま、リーグは始まったばかりで私たちには様子を見ることしかできないのですが。。。

  2. ほぼみんなタダで出していてちょっとびっくりします。わざとやっているのか、それとも単に商売が下手なのか、ちょっとわからないけど。
    気持ち的にはイヤだったけど、それでも育てて高く売るという上手くいっていたビジネスモデルも、完全に崩壊しましたね。
    ほんとにマックスもレオンもフリーで出ていくとか今から信じられない。

    ヨーロッパがなければ選手の数を適正に減らすのもやむなしとは思いますが、ポジションのバランスも悪く、怪我人とか出たらどうするんだろうと心配になります。
    ほんとクオリティ面でもなんともいえないものがありますよね……。どうなるんだろ、今シーズン、

  3. >気持ち的にはイヤだったけど、それでも育てて高く売るという上手くいっていたビジネスモデル
    それそれ!ルーナートはこれで出て行ったんだと思いますね。
    シャルケのユースはプロへの道が近いっていうのが売りだったのに。その道が絶たれるといい選手がやってこないですよね。

    ポジションのバランスが悪いのも本当に心配ですね。
    テデスコも承知のはずなんで、それで今シーズンやっていけると思ってるんでしょう。
    しかし、ううむ。。。なんだわぁ。

  4. 今いちばん危惧しているのはエルガートが辞めてしまうのではないかということ。クラブがやっていることは現行のシュミーデの否定に他ならないような気がするので……。

    こわすのは簡単だけど、築き上げるのは時間がかかるものなので、今受けているダメージがどこまで影響を及ぼすのか、かなり心配しています。
    こわした後の新しいモデルもイマイチ見えないですものね。

    テデスコがたとえもし優秀だったとしても、選手のクオリティが下がればできることも限られてくると思うし、ホントに今季どうなるのか、いまから怖いです。

  5. 遅リプすいません。
    エルガートのことは私も心配しています。
    でも、さすがに彼の声はとても重いし、支持者も多いので大丈夫だと自分に言い聞かせてます。
    今のU19も将来有望な子が多いし、何と言ってもミュンヘンから来たルカがU17から上がって来てます。
    エルガートが上手に育ててくれた子達をぞんざいに扱わないことを祈ります。。。

  6. 昨日の試合でもゴール裏の弾幕といい、みんなが心配しているのがよくわかりましたね。とにかくユースも含め、良い方向へ向かうことを祈ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*