バウム先生の忙しいサッカー人生

戦術オタクとして知られるアウクスブルクのマヌエル・バウム監督。ラルフ・ラングニックが初代教授なら、バウム監督にも『教授』の称号を贈りたいところですが、どちらかというと『先生』の方が似合いそう。11Freundeに掲載されたバウム監督のインタビューがたいへん興味深かったので、少し長いですが、訳してみました。

前半部分は、今ある彼を形成してきた経験。後半部分は、戦術的な話も交えて、ブンデスリーガの監督はどのように試合の準備をしているかなどを語っています。小さな娘さんを持つお父さんとしての顔もちょっぴり。


“Manuel Baum über Augsburgs Erfolg in der Bundesliga” (11 Freunde)

火曜日、アウクスブルクはマヌエル・バウム監督のもと、ミュンヘンで勝ち点1を得ました。私たちはロングボールと公務員、Skyの戦術など本当にたくさんのことを話しました。

バウムさん、最初にこの夏に関する重要な質問から始めましょう。文部省の役職は来たのですか?

(笑って)はい、書面が来ました。

なんとありました?

私が教師としての仕事をさらに2年間休職しているとありました。

他のこともあったのでは?

実は。決断しなければならないところでした。公務員としての人生か、ブンデスリーガの監督か。

選んだのは?

この世界は極端に動きが激しいけれども、ブンデスリーガの監督として生き残れるかもしれない。ただ幸運なことに、選択をしなくてもよくなりました。

あと2年新たに交渉したのですか?それとも取れる休職の上限に達してしまったとか?

いえ、それは個々のケースによります。2014年にユース部門からFCAの監督になった時に休みを取りました。それから2年経過し、さらに合計で6年休職することになります。どうなるかはもっと見てみないことには。

生涯公務員であり、同時にブンデスリーガの監督。まるでプードルのブリーダーが、サーカスでライオンの調教師として働いているかのようです。どのように両立しているのですか?

すでに高校の卒業試験の後、指導者の道へ行きたいという自覚がありました。リスクのある仕事だというのもはっきりしていました。なにか安全な仕事の確保が必要だと思い、スポーツサイエンスを勉強し、学位と教職を同時に取ったのです。

ゴールキーパーとしてのキャリアはないというのも、はっきりしていたのですか?

U17の頃に1860ミュンヘンに移籍し、そこで2年プレーしました。U19の後半に、君はこれ以上はできないから、契約を解除したいと言われました。とても傷つきました。プロとしてのキャリアはないのだなと悟った瞬間でした。それから私はイスマニングに移り、サッカーを通して大学の勉強資金を作りました。

それでも4部ですね。

自分でも信じていませんでした。私は172センチで、キーパーとしては大きくありません。試合を理解することで、この不利な部分を埋め合わせなければなりませんでした。ピッチ上では私は常に、監督の伸ばした腕のようでもありました。

1860があなたを獲得したのは、まだ成長すると考えていたというのは本当ですか?

本当です。U17の選手としては、私は平均的な大きさでした。ただそれから成長しなかったのです。1860でほとんどの人から言われたことは、私がもっと大きかったらおそらくやっていけただろうでした。私はその当時はまだ当然ではなかったことをもたらしたので。つまり、サッカー的にとても優秀だったのです。

大学での勉強の後、あなたはスポーツの授業だけではなく、会計学、経済学、法律も取っています。生まれながらのスポーツディレクターですね。

(笑) いえいえ、私は少しだけ数字を扱えたので、それで経済や経営を勉強し、簿記を教えることができました。勝手のわからない世界でしたが、それほど悪くはなかったと思います。アウクスブルクでユース部門の監督だったとき、クラブのビジネス部門のトップと論じることもできました。

タウフキルヒェンであなたが教えた実科学校は、普通の学校ではありませんでした。

DFBのエリートスクールです。どの学年にも普通クラスが4と純然たるサッカークラスが1ありました。学生は、1860、バイエルン、ウンターハヒンク、その他の小さなクラブから来ました。彼らは私から体育の授業を受けました。より理論的な性質のトレーニングや運動、スポーツ生物学です。時間割にはサッカーの授業も一緒になっていましたが、彼らはクラブで受けていました。

あなたは学生のチームも率いていました。2011年にはドイツチャンピオンにもなりましたね。その時に決勝ゴールを決めたセバスティアーノ・ナッポは、この夏からFCAのリザーブでプレーしています。センチメンタルな理由での移籍というわけではないと思いますが。

ちがいます。セバスティアーノは昨年はハイムセッテンでゴールを量産した、とても良い選手です。彼だけがアウクスブルクに来た元生徒というわけではないです。

一番有名なのはフィリップ・マックス。彼はあなたにカンニングで捕まったと言ってました。

ダルムシュタットにレンタル中のティム・リーダーも、私のクラスにいました。モリッツ・ライトナーも生徒です。

かつての愛弟子のことは、その後もどうしているか追っていますか?

プロになったのはほんの一握りです。はい、もちろん。私は定期的にアマチュアのサッカーも見ていますし、そこで出会うこともあります。

結果を見ているということですか?それとも実際に試合を見ているということですか?

試合です。昨日はバイエルンリーガとレギオナルリーガのカップ戦を見ました。1つのチームに私が連れて行った選手が5人いました。2人が生徒で、3人はサッカー選手です。たまにブンデスリーガの監督が立ち寄ることに驚くクラブもありますが、私は小さなクラブで知り合った人や、地域との結びつきを失いたくないのです。そのうえ、下部のリーグではいくつか興味深いことを見たりします。

空き時間にアマチュアの試合を見ていたとしても、実のところ驚きませんね。あなたはとてもよく働くと思われています。ウンターハヒンクでは教師として働きながら監督もしていましたね。

ピークは実はウンターハヒンクの前でした。2009年頃はフルで教鞭をとり、地域リーグではシュタルンベルクを率い、1860ではGKコーチをしていました。ハヒンクでは仕事は2つでしたが、それで十分でしたね。

教師の自由時間ということでは冗談がありますが、それにしてもどのように時間をやりくりしていたのですか?

通常の授業の他に、前もって、あるいは後からの手直しも必要です。朝10時から翌朝3時までの間に、特にサッカーの準備に関係して、たくさんのことが起こりました。教師の仕事はすぐにルーティン化できます。スポーツ生物学と心臓の構造を取ってみます。心臓のことは変わりませんので、一度授業の準備がうまくできたら、いつでも戻って使うことができます。

バイエルンでは学校は何時に始まるのですか?

7時50分に学校が始まるので、6時半には起きました。

一日3時間半の睡眠ですか。

その頃はそれで十分でした(笑)

ハヒンクでの2つの仕事だけでは十分ではなかったようで、あなたはSkyのチャンピオンズリーグの放送で、戦術の専門家でした。

しかし今では、私が始めた2014年よりは、余分なものは減っています。私はインターナショナルなチームを扱っていたので、自分への研修のように考えていました。昨シーズンがそうで、分析の時に目についたことを1つ2つ、FCAで実際に取り入れることができました。

どうしてこの仕事がきたのですか?

1年に1度、Skyで働く人のためにトレーニングがあります。その当時は、フランク・ヴォルムートがDFBの指導教官で、2014年頃、彼らに戦術について話をしていました。その後、Skyはエリック・メイヤーの分析チームを拡張するため、戦術に詳しい人間を探していました。私はヴォルムートのもとでライセンスの取得を目指していて、推薦されたのです。

ラルフ・ラングニックがSportstudioで、マグネットボードを使って基本的な戦術を説明しなければいけなかったときから、ほぼ20年が過ぎようとしています。今では戦術はどこにでもあります。何が起こったのでしょう?

私にとっては、ビデオ分析が大きな転換点となりました。18か19の時に、1860でのキーパー練習で始めました。カメラを持ってサイドラインに立ち、動きを分析したのです。体の重心はどこにあるのか。どのように足を置けばいいのか。映像により、感覚的につかんでいたものを対象化して、選手に見せることができます。ビデオはその後、戦術的な面でも非常に発達しました。

1998年には、戦術が絶望的に遅れていると唖然とされた国で、今日ではごく普通のファンでも戦術マニアです。

実科学校で教師だった頃、5年生の生徒が、私にダブルボランチについて説明してくれたことがありました。

Spielverlagerungのようなブログを読むことはありますか?

いいえ。私のトレーニングは試合を見ることで培われます。ユースセンターのヘッドとして、監督たちに物事をさらに続けさせることができたという点もよかったです。画板と練習場の間には違いがあります。

あなたは全てのプランは、実のところ、選手にピッチで安心感を与えるだけのものであると言いましたね。

その通りです。週を通してその感覚を身につけます。プレッシングを例にとってみます。目的はボール奪取です。選手はボール奪取が可能な一対一になると、好感触を得ます。基本原則を、こういう一対一が来るように用いているのです。上手くいかないときは、ただ後ろから追いかけ、突然、ゴールを防ぐためだけに動いているようになります。プレッシングはもちろんゴールを防ぐためのものですが、私にとってはまずは得点するための道具です。

それはこの夏の二つ目の重要な出来事、ワールドカップにつながります。多くの専門家がボールポゼッションは衰退していると総括しました。

私にとって最も重要な情報は、戦術ではありませんでした。そこには感情がありました。クロアチアの成功を見ると、自分のタスクに同一化することや、国のためにプレーすることを誇りに思うことがいかに大切か。基本的には代表は、ポゼッションをみっちり練習して習得するには、時間があまりありません。だから、多くのチームがポゼッションに反する決断をします。でも私はポゼッションがなくなるとは思いません。

あなたは以前、サッカーはボールを回すことから遠ざかっていると言いました。なぜならユース育成センターでは前からのプレッシングを教え、それで相手ゴール近くでの秩序あるビルドアップが、さらに難しくなっているからです。

その通りです。アタッキングプレスに打ち勝つには、非常に優れた『サーキュレーション・プレイヤー』、と私は名付けていますが、そういう選手が必要です。特に縦方向の選手の場合は、長いボールを使うという結果になります。以前は、対戦相手が深いところに位置し、すぐにはプレッシャーに来ないので、ボールを回さなければならず、時間がありました。

次のステップは?前プレへの反応は?

セカンドボールが来るでしょう。

つまり、最初のプレッシングを抜けて、一対一に勝つこと。グアルディオラのバイエルンが、最初にクロップと対戦したとき、みんながティキ・タカで押し通すだろうと考えましたが、彼はかわりにロングボールでプレーさせました。

多くの人がロングボールを否定的なものとして片付けますが、トレーニングをして用いた時には、攻撃的なプレッシングに対して、衝撃的なほどのスタイル技法となります。昨シーズンは身をもってそれを経験することになりました。前半戦では後ろで待ち構えたのは4チームだけでしたが、後半戦では、7ないし8チームが、私達の効果的なアタッキングプレスに対して対抗措置をとりました。これがモダンフットボールです。かつては、対戦する監督は基本原則を持っていました。守備的か攻撃的か、そしてプレッシングの方法。今日ではハーフタイムに考えます。前半はこっちがよかったが、相手も切り替えてくるはずだ。私達はどうするべきか。同時に監督として、前半が良ければ、何かを変えるのは難しくなってきます。だからこそ、ブンデスリーガの試合はハーフタイムの後に頻繁に流れが変わるのです。

切り替えは常に合理的ですか?それとも感覚によるときも?

戦術だけで動くのではなく、腹で考える状況もたくさんあります。基本原則にあてはまらないために、論理的な熟考ではなくても、切り替えたいと思ったときもありました。チームがもっと走らなければならないにもかかわらず、ピッチで良い感触を持っていることに気がつくことも。そのようなときに切り替えるのは、逆効果かもしれないので、そのままにしておきます。逆に、そうする必要もないのに、ハーフタイムに変更することもあります。例えば、構造的な理由ではないが、リードされているとき、切り替えると役に立つこともあります。監督には何かアイデアがあるという感じを選手に与えることができる。あなたが何かを変えるという事実だけが、選手に自信を持たせることができるのです。

選手の一人が監督でもあることはご存知ですか?

もちろん。マルティン・ヒンテレッガーは、ハウステッテンでユースのコーチをしています。

そのことを話したりしますか?

ときどき。彼はとても小さな子供たちをトレーニングしています。彼がそうすることは良いと私は思います。私も早くからチームを教え始め、それが選手としても助けになりました。自分もしていた間違いを、最初にキーパーのプレーで気がつきました。チームのリーダーということも早くに学びます。そして親の指導も。

ユースの監督は、選手とより、その両親との問題の方が多いような気がします。ヒンテレッガーはそこは違う意見かもしれませんが。

わかりません。人がいかに野心の強い親になれるか、時としていかに現実とのあらゆるつながりを失うか。誰の前に立っているかも完全にどうでもよくなります。私にも2人の小さな子供がいて、自分でもそういうことに捕われていたに違いありません。

サッカーで?

いいえ、スキーです。私が小さな娘と最初にスキーに行った時、娘が3回転倒したのに、インストラクターはそこに立っていただけでした。バイエルンでは体育教師の必修だったので、私はスキー指導者のライセンスも持っています。そこでどうすればもっと上手くいくか、出て行ってつい説明したくなりました。ぎりぎりのところで、『コーヒーを飲みに行くとしよう。そうすれば落ち着いて練習ができる』と妻に言いました。午後には娘たちはうまくスキーが滑れるようになっていました。

 

バウム監督と言えば、以前にSportstudioに出た時のクリップが好きで、つい何度も見てしまいます。特にモデラーターに、『ここは?』と聞いて、『ゲーゲンプレッシング』とか、『カウンター』という答えが返ってくると、『大変よろしい』と褒めるシーンが、まさに先生っぽいです。彼の名前でYouTubeを探すと、多くのサッカー講義ビデオが出てきます。

最近では、第6節のアウクスブルク対フライブルクは、なかなか衝撃的でした。アウクスブルクの得点につながる流れは、まるでプレミアリーグの試合を見ているようなスピード感あるダイナミックなものでした。自分が応援しているチームが対戦するときは、すごくイヤなチームですけど(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください