Fan.Tastic Females展『彼女たちの物語』

9月8日から22日まで、ザンクト・パウリ・ミュージアムで開催されていた『Fan.Tastic Females』展。欧州各地の女性サッカーファンを取り上げた初の展覧会でもあり、ザンクト・パウリ・ミュージアムが幕開けとなることで、一部で話題になりました。


展覧会の中心には、21か国80人の女性ファンを映したポートレイトがありました。主催者の一人、ダニエラ・ヴルブスさんのインタビューが、Zeit紙に掲載されていたので訳してみます。ダニエラさんは現在Kickin!という、障害者のサッカー活動への参加を支援する、カウンセリングセンターを運営しています。この仕事の前はザンクト・パウリで、ファンとクラブのコーディネーターをしていました。


Fan.Tastic Females: “In Zeitungen werden nur junge, sexy Frauen abgebildet”(ディー・ツァイト紙 )

なぜ女性サッカーファンの展覧会をしようと考えたのですか?

ちょうどそんな気分だったのです。アイデアは2010年に、FSE( Football Supporters Europe)が開催した大会のワークショップで出ました。そこで女性と男性が一緒に座って、どうすれば『サッカーにおける女性』というテーマを、指を突きつけられることなく、演壇にあげることができるか考えました。男性の世界を批判したいわけではなく、私達も同じようにファンであるということを示したかったのです。

女性のサッカーファンはなにか別物だとみなされていますか?

はい、多くの女性がゴール裏からのそういう見方に慣れています。彼女たちは自分のチームに対して、他のみんなと同じくらい情熱とパワーを持っています。新聞には若くて可愛くセクシーな女性しか載りません。でももっと多くの多様な女性がゴール裏にはいます。

よくあるステレオタイプを打ち消すような、際立った女性の例とはどのようなものですか?

スタジアムでの様々なタイプをうまく表すために、女性ファンを7つのカテゴリーに分けました。太目、やせ型、セクシー、色気なしというものではなく、ファン文化での役割に基づいて定義しています。14歳のウルトラから、94歳の全試合観戦者のスコットランド人まで、全てがそこにいます。その女性は、昨年サッカーに行くことを完全にやめるまで、国で一番高齢なシーズンチケットホルダーでした。ウルトラスからアウェイバスのツアーまで、女性のファングループやネットワークの手で、ファンシーンで知られていることのほぼ全てを用意しました。リーダー的立場の人も紹介しています。ノルウェーのカレン・エスペルンドはサッカー連盟の最初の事務局長であり、後にUEFAで初の女性理事となりました。もちろん女性の選手も紹介しています。

全ヨーロッパ諸国から人物像を描くことができましたか?

例えばポーランドでは、重度の視覚障害ながら、サッカーをしている9歳の子供の母親にインタビューをしました。彼女は毎週末、ピッチサイドから子供たちを応援する百万人の母親の代理です。それでも西ヨーロッパの代表が少し多すぎます。残念ながら、東ヨーロッパではスペインやフランスのように、連絡がそれほどうまくつきません。他方で、右派のグループメンバーに宣伝をさせないようにすることも重要です。この点に関しては、ある種の不確実さが特に東ヨーロッパにあります。

どのようにインタビューの相手を探したのですか?

私たちはFSEのメンバーおよび、プロジェクトグループからの提案を元に動いています。例えば、ロシアの3つのビッグクラブである、スパルターク・モスクワ、CSKAモスクワ、ゼニト・サンクトペテルブルクや、チェコ、スロバキア、ポーランドのファンもいました。55のUEFA加盟国から、少なくとも18は取り上げています。大きな出費には、たくさんの人たちの自発的な支援がありました。おそらく第二弾もすることになるはずです。ひそかに計画を考えています。

ビデオポートレイト中心にしたのはなぜですか?

誰もが立ち入りできる移動展覧会を形にしたい、という希望を持っていました。ファングループを見せたいと思っても、機器やお金のあるミュージアムでなければできません。そこで、QRコードの技術を使って、スマートフォンでコードを読み取るという方法を手掛けました。典型的な説明文を読ませる内容もあります。そしてビデオも。入場者はスマートフォンで視聴できます。こういう展覧会のやり方はおそらく新しい形だと思います。

展覧会では使命も追求していますか?

一方で私たちの目標は、女性のファン文化の多様性を示し、女性ファンを最終的には前面に押し出すことです。さらに、議論を活発にし、このテーマへ注目を集めたい。ゴール裏の女性は良いこと?悪いこと?問題がありますか?それはおそらく、全てのクラブ、全てのファンシーンだけでなく、全てのグループが自ら答えをださなければならないでしょう。

あなたは男の領域におけるサッカーがオープンであることを望んでいますか?

展覧会では特に男性が、自分のクラブや国から誰か出ているのかということについて、何度となく話しかけ、尋ねてきました。なぜならこのプロジェクトは本当に素晴らしいからだと。ファングループの一つが、『なんてことだ、俺たちには女性がほとんどいない』と言った時は、とても嬉しかったです。私たちを通じて、このテーマに自ら取り組まなければならないことに気がついたからです。

 

『Fan.Tastic Females』のトレーラー

今後の展覧会の開催予定は、下記公式サイトに掲載されています。ドイツ旅行をする方は時間が合えば、ぜひ行ってみてください。
『Fan.Tastic Females』公式サイト

シャルケのウルトラス・ゲルゼンキルヒェンにも女性はいますし、日本でもゴール裏で、パイフラと呼ばれる大きなフラッグを振っている女性もいます。個人的には普段、女性が、男性がということを、特に分けて考えていないつもりですが、それでも、ドイツで監督や選手がMännerfussball(男のサッカー)という単語を使うときは、残念な気持ちになります。ダニエラさんの言うように、この展覧会を通じて起こる様々な議論や行動にも注目していきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください