オーストリア鉄道の旅

これまでキャンプで何度かオーストリアを訪れる機会があり、その度にオーストリア鉄道の素晴らしさを実感します。比較対象がどうしてもドイツ鉄道になってしまうのですが、ドイツの鉄道職員にそれはまあひどい対応をされたことはあっても、オーストリアでは今のところまだありません。それどころか、電車に乗るときに駅員がスーツケースを持ってくれたり、降りる駅はこの次だからねと、わざわざ言いに来てくれたり、そのホスピタリティーにはただただ感動します。

またオーストリア鉄道で何よりも素晴らしいのは、公式アプリの使い勝手のよさです。例えば、ウィーン中央駅までのチケットしかもっていないとします。乗った電車が空港まで行くことがわかったので、そのまま乗り越したいという場合、乗っている間に、アプリで先の区間を買えば良いのです。切符はスマホに保存され、車掌が来たら見せるだけ。到着するとアプリからは切符の情報が自動的に削除されます。買い方もいちいちユーザー登録してログインという手間も必要なく、メールアドレスと名前をいれるだけです。あとクレジットカードも。もちろん事前にユーザー登録しておくことも可能です。駅で時間がないときに、あわてて券売機で買わなくても、乗ってアプリで買ってしまえるのでとても便利です。また購入できるのは特急や急行だけではなく、ローカル線も含め、全ての路線で購入可能です。

乗っている電車が遅延してくると、アプリには新しい到着時間が刻々とアップデートされます。至れり尽くせりです。

長距離を走るRJ(RailJet)では車内販売もあります。Henry am Zugというお店の人が、列車をまわって注文を聞きに来てくれます。コーヒーの種類は、エスプレッソやカプチーノ。オーストリアではVerlängerter(フェアレンゲルター)がお勧め。エスプレッソをお湯で薄めたもので、コーヒー好きにはたまらない美味しさです。頼んだパニーニはチーズたっぷりで熱々でした。

また冒頭のミッタージルのような小さな駅でも、フリーWiFiが使えることに驚きます。長距離列車内でももちろんフリーでWiFiが使用できます。

シャルケのキャンプがあるミッタージルに行くには、ツェル・アム・ゼーという駅から、2車両くらいのローカルな路線に乗り換えをしますが、そのような小さな電車でも、車両に旅行者のための荷物置き場が付いているのは素晴らしいなと思います。

オーストリアでの鉄道の旅、本当におすすめです。書いているうちにまた行きたくなってきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください