『Fan.tastic Females展』を見てきました

12月に1週間ほどドイツへサッカー観戦旅行に行ってきました。以前に紹介した『Fan.tastic Females展』、タイミングがよければどこかで実際に見られるかもしれない。ドイツに行く前にFacebookの公式サイトで確認したところ、なんとその期間は、よりによって隣町のミュージアムで開催されているではないですか。駅前にあるドイツサッカーミュージアムではなくて、クラブのミュージアム内です。

おおお、どうしよう。しかもダービーで負けた後だ。行きたくない。

しかし、この機会を逃したらいつ見られるかわかりません。しかもその日はストで、電車のダイヤが大幅に遅れたため予定がたたず、夜までスケジュールが空いてしまっていました。仕方がないのでシャルカーには黙って、こっそり行ってみることにしました。

お隣のスタジアムには2回、隣接されたロート・エルデには1回行ったことがあるので、行き方は大丈夫。しかしなんといっても、町そのものに足を踏み入れるのが2008年以来ということで、かなり緊張します。グッズはさすがに身に付けていませんが、靴の先まで青いし。

シュタディオン・ローテ・エルデ、ちょっと懐かしい。2008年にU19のダービーを見に来たことがあります。当時の対戦相手にはマリオ・ゲッツェがいて、うまい選手がいるなーと感心したものでした。

BORRUSEUMに入場すると、すぐ左手に『Fan.tastic Females展』がありました。入り口のおばさまがとても優しくて、小心者なワタクシはストレートに左に行く勇気がなく、一応黄色いチームの展示も見ることに。(意外と面白かったです。ダービーの映像なども見ることができたし)

『Fan.tastic Females展』は、想像していたよりもずっとこじんまりとしていました。

主催者のインタビューにもあったように、女性ファンの展示はいくつかのグループに分けられています。

『Female Ultras』(女性のウルトラス)
『Female fans network』(女性ファンのネットワーク)
『Female fans leaders』(女性のファン・リーダー)
『Female-only fan group』(女性ファンのみのグループ)
『Icons of female fan culture』(女性のファン文化の象徴的存在)
『Female fans like you & me』(あなたや私のような女性のファン)

会場の入り口に、この会場特有のコード(文字の組み合わせ)が表示されているので、まずそれをメモします。

それぞれの展示にはQRコードがついているので、スマホのリーダーで読み取り、会場コードを入力すると、自分のスマホで映像を見ることができるという仕組みです。この会場コードを入力しなければ、QRコードだけではアクセスできないというのが、展覧会に足を運んだ人限定の仕組みになっています。

展示にはそれぞれ、その人に関する簡単なキャプションも英語とドイツ語で書かれていますが、彼女たちの語るストーリーは、インタビュー映像にアクセスして見ることになります。

(このスマホのスクリーンショットは、一般的な質問、たとえば『オフサイドを知ってますか?』などに対して答える女性ファンたちの映像でした)

ほぼ全てがインタビュー映像で構成されているので、英語かドイツ語が聞き取れないと、鑑賞はなかなか難しい部分もあります。最初、展示はこじんまりとしていると感じたものの、すべてのインタビューを見ようとすると、とんでもなく濃い内容であることに気がつきます。実際にこれだけの映像を会場で見せようとすると、モニターを何台か用意しなければいけないでしょうし、自分たちのスマホで見せるというのはなかなか良いアイデアだと思いました。

とはいうものの、熱心に見ているのは私だけで、この展覧会目的できた人以外は素通りでした。モニターを1台くらい置いて、映像を流しても良かったかも。あともっとわかりやすくするために、展覧会図録のような雑誌を作って販売しても面白そうです。

ほぼ全てがインタビュー映像で構成されているので、英語かドイツ語が聞き取れないと、鑑賞はなかなか難しい部分があります。最初、展示はこじんまりとしていると感じたものの、全てのインタビューを見ようとすると、とんでもなく濃い内容であることに気がつきます。実際にこれだけの映像を会場で見せようとすると、モニターを何台か用意しなければいけないでしょうし、自分たちのスマホで見せるというのは、なかなか良いアイデアだと思いました。

とはいうものの、熱心に見ているのは私だけで、この展覧会目的で来た人以外は素通りでした。モニターを1台くらい置いて、映像を流しても良かったかも。あと、もっとわかりやすくするために、展覧会図録のような雑誌を作って販売しても面白そうです。

こうすればよかったのになど、見る側として思うところはあったものの、それでもやはりこの展示を企画し、各国の女性にインタビューし、開催まで持っていった方たちのパワーは素晴らしいと思いました。実際に見に行くことができて良かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください