Archive for the '3.Liga' Category

05 05 2009

SCPニュース#50 : パダボーン 2-0 イエナ

【SCP#50 : SCP 2-0 CZJ】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

ドリッテリーガも34節まで来ました。残りあと4試合です。
首位を走るウニオン・ベルリンは現在71ポイントと少し離れていますが、2位以下4位までが2ポイント内の大混戦となっています。
34節を終了して、まだ昇格の可能性があるのはおそらく4チーム。パダボーンは得失点差で、再び2位に浮上しましたね。

2位 SCパダボーン 61(得失点差23)
3位 ウンターハヒンク 61(得失点差10)
4位 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 59(得失点差18)

カール・ツァイス・イエナ戦のハイライトがARDにあります。

SC Paderborn 07 – Carl Zeiss Jena 2:0 (1:0)

【Tore】
1:0 Mohr (40.)
2:0 Kumbela (90. + 4)

【SC Paderborn 07】
S. Lange (2,5) – Wachsmuth (3), Holst (3), Mohr (2), Schuppan (3) (80. B. Lindemann) – Krösche (3) – K. Fischer (4) (72. Brandy), Alushi (2,5), Brückner (1,5) – Löning (3,5), S. Krause (2,5) (71. Kumbela)

【Carl Zeiss Jena】
Nulle (3,5) – Wuttke (4,5) (59. Schembri (3,5)), R. Müller (3,5), M. Riemer (4), R. Schmidt (3) – Kikuchi (3,5) – Holzner (4,5), Ziegner (3,5) (78. T. Petersen), Sträßer (3,5) (59. L. Fuchs (4)) – Amirante (3,5), Hähnge (4)

28日に行われたヴェストファーレン・ポカール準決勝では、レギオナルリーガのミュンスターにまで負けてしまったSCP。
ここ数試合のふがいない結果に、サポは『今日は旗を振ったりチャントを歌うのはやめましょう』と応援拒否をしていたようですが・・・。(このあたりの感覚は面白いですね。最後まであきらめずに応援しましょうとはならないのね)

GKは3試合出場停止中のイェンゼンに替ってランゲですが、まずまずの活躍を見せたようです。
SCPは昔から控えGKの質が高く、第一GKがシーズン途中で移籍してしまったりしても破たんすることなく、次のGKが堅守を見せたりします。そういう点ではランゲも心配なさそう。

システムで言うと、ここ2試合右サイドバックで使っていたクレシェを中盤に戻しました。彼の適正ポジションはボランチだと思うのですが、Wachsmuthの3試合出場停止などがあったので、DFラインに下がっていたのでしょう。

イエナもSCPも昨シーズン、同じように降格してきたのですが、ハイライトを見るとチーム力の差がだいぶついてしまったなあという気がします。
イエナはもともと当たりの強いチームでガツガツくるのですが、どうもそれが悪い方向へ出ているようで、稚拙な体当たりを繰り返し、なんというかサッカーとは別物になっているのが残念です。

SCPの先制点はアルシからのパスを胸でトラップしたモハーが、そのまま反転しながらダイビングボレーシュート。ちょっ、DFのゴールとは思えないくらい素敵です(笑)

ブルックナ―は、後半、シュートがゴールポストに当たるなど惜しいシーンがあったのですが、最後にはクンベラのゴールをお膳立てする素晴らしい突破を見せています。
あと、23歳のクラウゼが初スタメンで、こちらもいいパフォーマンスを見せています。FWのチョイスが少し広がりましたね。

イエナはこの試合、アミランテと菊地くらいしか良いところがなかったとありますが、二人ともイエナとの来季の契約は未定で、どうなるんだろうと心配されています。

他チームは今節、デュッセルドルフがドレスデンに勝っただけで、ベルリン、ウンターハヒンク共に引き分けています。
そろそろ各チーム、プレッシャーがかかり始めたかなあ。最後までどうなるかわかりませんね・・・。

 

SCPニュース#50 : パダボーン 2-0 イエナ はコメントを受け付けていません。

04 29 2009

SCPニュース#49 フィンケ会長、辞任

【SCP#49 : President Finke resigned】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

胸スポンサー『finke』のオーナーであり、SCパダボーンの会長を長年つとめてきたヴィルフリート・フィンケが突然辞任しました。

いくつか記事を見てもいまいち理由がはっきりしないのですが、ブラウンシュバイク戦での敗戦でどうも気持ちが切れてしまったようです。
『どうしてうちの選手たちはピッチでずっと情熱を維持できないのかわからない』というような不満も述べています。

自分が辞めることで奮起してほしいという意味なのか、それともうがった見方ですが、昇格できなかった時のスポンサー撤退も視野に入れての辞任なのか。

実際、そのような観測記事も出ています。

いずれにしても、2部への昇格はクラブの将来にとってますます必須となってきました。

本来ならこういう時、監督交替などを起爆剤にすることが多いのですが、フィンケ会長は自らの辞任でこの危機を乗り越えてほしいと思っているのかもしれません。

さて、ブラウンシュバイク戦で負けたことで、SCPはついに3位まで後退しました。4位につけているフォルトゥナ・デュッセルドルフとは2ポイント差です。

正直言って、チームはかなり危機的な状況です。
ブラウンシュバイク戦で、GKのイェンゼンが相手選手を蹴って3試合出場停止になりました。
さらに、退場となったイェンゼンの替りにサブのGKを入れたのですが、その交代選手として下げられたギューフェ二シュクが不満を表し、ユニを脱いでロッカールームに下がってしまいました。
この態度に対してチームは罰金を言い渡し、ギューフェ二シュクは今後のトレーニングと試合から外されることになりました。
今のところ彼はチームにすでに謝罪しているので、これからの練習態度によっては許されて戻ってくる可能性もあるようですが、ただでさえ怪我人が多く、チーム状態が落ちているので、ギューフェ二シュクまでも抜けるとなるとほんとに痛いです。

ブラウンシュヴァイク戦の映像はWDRにあります。11分くらいの長いハイライトです。

Eintracht Braunschweig – SC Paderborn 07 2:0 (1:0)

【Tore】
1:0 Kruppke (41.)
2:0 Pfitzner (89.)

【Eintracht Braunschweig】
Fejzic (2,5) – D. Brinkmann (3), Schanda (2,5), D. Dogan (3), Boland (3) (74. B. Fuchs)- Pfitzner (2), C. Lenze (3), Kruppke (2,5) (80. Washausen), Rodrigues (3,5) – Banser (3,5) (54. Onuegbu (3)), Schied (4,5)

【SC Paderborn 07】
K. Jensen (4) – Krösche (2,5), Mohr (3,5), Holst (3,5) (77. S. Krause), Brückner (3) – Brandy (3) (63. Guié-Mien), Alushi (3,5), B. Lindemann (3,5) – Löning (3,5) – Kumbela (4), Güvenisik (3) (50. S. Lange (3,5))

【Rote Karten】
K. Jensen (47., Tätlichkeit)

なお、フィンケの辞任後、会長職は副会長だったペーター・エフェルスが引き継ぐようです。

SCPは28日にヴェストファーレン・ポカールの準決勝でプロイセン・ミュンスターと試合があります。この準決勝に勝利した時点で、2009/2010のDFBポカール一回戦への出場権が与えられます。

 

2 responses so far

03 24 2009

ネタのお蔵出し・その1

【Various topics on 3.Liga】

Published by under 3.Liga

記事をクリップしてそのままになっているものがあるので、ちょっと蔵出ししたいと思います。
特に脈絡はなく、自分の興味のあるものだけクリップしています。

まずはドリッテ・リーガ関連。

カール・ツァイス・イエナの監督、ルネ・ファン・エックが解任されました。
ファン・エックは昨年の9月に、解任された前任者の後を継ぎ、ウィンターブレイクに入るまでにイエナを立て直して、2011年までの契約延長を勝ち取ったのですが、1月にDFBポカールでシャルケに敗退して以来、リーグで1分6連敗とついに降格圏の18位まで順位を下げてしまいました。(ウィンターブレイク前は10位)

やっぱり、ウィンターブレイクってけっこう怖い。パダボーンも休み明けにぱたぱたと連敗して危なかったのですが、なんとか踏みとどまりました。

ま、イエナはキャンプのとき、こんなことやってたから(笑)。



最近になって、菊地は再び起用され始め、25節は3.5、26節は2、27節は3と、kickerの採点は良いです。チームが負けているのに評価されているということは、効果的なプレーができているということかもしれないですね。

ネタ・その2。
フォルトゥナ・デュッセルドルフのホームであり、レバークーゼンもバイアレーナの工事中に間借りしている、LTU Arenaのネーミングライツをエスプリが購入。2009年7月からエスプリ・アレーナになります。

え、あのエスプリなの?



そうでした。カジュアル・ウェアのエスプリでした。
海外に行くとよくみかけると思いますが、日本では今は展開してないですよね。H&Mも来たんだから、エスプリももう一度・・・。それにしてもこの外観はけっこうおしゃれです。

もうひとつ。
第25節のヤン・レーゲンズブルク対フォルトゥナ・デュッセルドルフの試合であった素晴らしいGKの得点アシスト・・・。

 
 

 
いったい何が起こったのか、すぐには理解できません(笑)。
ああ、だからドリッテリーガはやめられない?

 

4 responses so far

01 30 2009

練習試合:シャルケII 1-1 SC パダボーン

【Test match : Schalke II 1-1 SC Paderborn】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07,Schalke 04 News

ドイツにいたら練習試合とはいえ、絶対に見に行ってますよー、このカード。

FC Schalke 04 II – SC Paderborn 07 1:1 (1:0)

【Tore】
1:0 Barton (36.),
1:1 Wachsmuth (74.)

【Schalke】
Fährmann – Kraska (81. Tumanan), Thamm, Breno (70. Thorwart), Kilian – Streit (59. Savranlioglu), Landgraf, Hasanbegovic (74. Fiore), Trisic (59. Erkaya) – Traufetter (85. Matsunaga), Barton (59. Erwig)

【Paderborn】
Burchert, Krecidlo (46. Gonther), Mohr (46. Wachsmuth), Holst, Schuppan (46. Bertram), Lindemann, Alushi, Fischer (46. Güvenisik), Wemmer (46. Brückner), Guié-Mien (75. Krösche), Löning (46. Damjanovic)

 
パダボーンでゴールをあげたWachsmuthって、あんまり名前を聞かないと思ったら、今年、コットブスから2年の契約でやってきた21歳の選手のようです。公式戦、スタメンで出始めたのはここ2試合くらい。
DFのBertramからのボールを、Wachsmuthが頭であわせて決めたゴールでした。

ドリッテが再開(2月5日から)しても、まだホルストが5試合の出場停止中なので、CBの穴は誰が埋めるのか、そのあたりも見極めたいところ。Wachsmuthの起用も今後、増えるかもしれません。

あと、SCPの左サイドバックでチームの要のひとり、ハルファーが外側半月板の損傷で今シーズン残りの出場が絶望的となってしまったので(涙)、ここもなんとかカバーできる選手を早急に見つけないと・・・。
おそらく、Krecidlo、 Schuppan、またはウィンターブレイク中に獲得したBertramあたりがカバーするだろうとのことです。

ハルファーは2月2日に手術を受ける予定。
あー、手術が順調に行って、一日も早く回復することができますように・・・。

シャルケの松永君、この間から少しずつ出場できるようになってきましたね。
先日のフランクフルトIIとの練習試合は後半45分間プレーしたようですが、今回は85分からの登場。
公式によると、勝ち越しのチャンスとして、クロスを直接ボレーで狙ったのですが、GKに阻まれたようです。

今週の週刊サッカーダイジェストに松永君の記事が出ているようですが、なかなか書店にいく機会がなくてまだ見てません。
明日あたり、時間があれば中身を見てこようかと思います。(ダイジェスト、売ってるかなあ・・・)

 

2 responses so far

01 27 2009

SCPニュース#48 : Exパダボーナーとの邂逅

【SCP#48 : RW Oberhausen 2-0 SC Paderborn】

Published by under 2.Liga,3.Liga

24日にRWオーバーハウゼンとの練習試合が行われ、パダボーンは2-0で敗れております。
RWOは現在ツヴァイテの13位。うーん、まだこのへんのチームとは力の差があるのかしら。この試合の数日前にRWアーレン(ツヴァイテ9位)とも試合をしていますが、それも3-1で敗れています。

ここにきて、練習試合とはいえ、SCPの負けがこんできているのが気になります。

SC Rot-Weiß Oberhausen – SC Paderbon 07 : 2-0 (0-0)

【Tore】
BenjaminSchüßler (55.)
Mike Terranova (61.)

【RWO】
Pirson – de Cock, B. Reichert (75. Uster), Schlieter (75. Pappas) – Falkenberg (65. Landers), Kaya (75. Stoppelkamp), Kruse (75. T. Reichert), Embers (65. Celik) – Schüßler (65. Nöthe), Heppke (65. Kiskanc) – Terranova (65. Gay)

【SCP】
Jensen, Krecidlo (46. Gonther), Mohr (46. Wachsmuth), Holst, Bertram (46. Schuppan), Lindemann (46. Kumbela), Alushi, Fischer (46. Löning), Brückner (66. Rath), Güvenisik, Damjanovic

 
RWOといえば、私のベンヤミン・シュスラーくんや、この冬にシャルケから移籍したヘプケがいるチームです。
まずヘプケですが、この日はスタメンで登場。そして、2点目のアシストをしたみたいです。
写真、ありました。白いユニがヘプケ。青黒はSCPのKrecidlo。フォルトゥナ・デュッセルドルフから今シーズン移籍してきた選手です。



シュスラーは古巣相手に先制点をあげています。
地元紙によると、シュスラーは彼女がパダボーンに住んでいるので、よく戻っているようです。また、クレーシェやハルファーとは電話でちょくちょく連絡をとっている模様。
彼は4年少しSCPに在籍し、素晴らしい日々を過ごしましたが、最後の年に『降格』というのは、ビターな思い出だそうです。

RWOも昇格組なので、なんとかツヴァイテに残れるよう、後半もがんばってほしいな・・・。



ちなみにパダボーンは28日の2時から、シャルケIIと練習試合を行うみたいです。あー、見たいなあ・・・。

 

SCPニュース#48 : Exパダボーナーとの邂逅 はコメントを受け付けていません。

12 24 2008

SCPニュース#45 : SCP対デュッセルドルフ

【SCP#45 : SCP 0-0 Düsseldorf】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

2008年最後の試合は、シーズンを折り返して、フォルトゥナ・デュッセルドルフとの対戦でした。
開幕戦ではデュッセルドルフのホームで、SCPが4点取って勝利しているだけに、デュッセルドルフもめちゃめちゃ気合が入っていた様子。
ドチェフ監督は試合前のインタビューによると、勝って、いい結果を持ってウィンターブレイクに入りたいと考えていたようです。

観客は13,000人超。
パラゴン・アレーナがオープン以来、今シーズンの最高動員記録だそうです。デュッセルドルフからもけっこう来てるんだろうと思うけど、SCPもかなり集客できるようになったのかも。

スタンドにはDFのかなめ、ホルストの姿も映りました。彼はシュツットガルト・キッカーズ戦でひじ打ちをくらわせて、現在4試合出場停止中。

SC Paderborn 07 – Fortuna Düsseldorf 0:0 (0:0)

【Tore】
keine

【SC Paderborn 07】
K. Jensen (3) – Krecidlo (4), Mohr (2,5), Wachsmuth (3), Schuppan (3,5) – Krösche (2,5) – Je. Wemmer (3,5) (77. Güvenisik), Alushi (4) (66. K. Fischer), B. Lindemann (4) – Löning (4), Kumbela (3)

【Fortuna Düsseldorf】
Melka (3) – Halet (4) (76. Heidinger), Palikuca (3), Langeneke (3), Hergesell (4) – Sieger (3) – Cebe (4), Lambertz (3), Caillas (2,5) – Jovanovic (3), Kastrati (4,5) (64. Kadah)

SCPはまず、リンデマンのFKが壁の上でぎりぎりで相手DFに当たり、GKに押さえられます。

さらにアルシがボールを奪われて、シュートまで持ち込まれます。
デュッセルドルフはカウンターを中心に、SCPよりずっとチャンスを作っていたのですが、SCPのDF陣が最後によく入り、得点することはできません。

相変わらず、SCPサイドのクロスから、ゴール前にレニンクが飛び込むという形は相手にとっては怖そう。

中盤でボールを奪ってから、ワンタッチで素早くボールを動かし、最後にクンベラがスピードに乗って攻め込む形はきれいだったなー。クンベラにはこれを決めてほしかったっす。

結局、スコアレスドローで、勝ち点を1ずつ分け合いました。デュッセルドルフは怖いから負けなくてよかった・・・。
パダボーンはこれで20節を終えて、首位でウィンターブレイクに入ります。

ドリッテの現在の順位はこちら。

Pl. Verein Pkte. g. u. v. Tore Diff
 1  SC Paderborn 07 42 13  3  4  38:21  17
 2  1. FC Union Berlin 40 11  7  2  33:15  18
 3  Kickers Emden 38 11  5  4  27:17  10
 4  Fortuna Düsseldorf 34 10  4  6  28:16  12
 5  Kickers Offenbach 32  8  8  4  27:18   9
 6  SpVgg Unterhaching 32  9  5  6  26:27  -1
 7  Rot-Weiß Erfurt 31  9  4  7  28:21   7
 8  Bayern München II 30  6 12  2  24:20   4
 9  SV Sandhausen 25  6  7  7  29:28   1
10  FC Carl Zeiss Jena 25  6  7  7  24:28  -4
11  VfB Stuttgart II * 24  6  6  7  32:26   6
12  Eint. Braunschweig 24  6  6  8  24:24   0
13  Erzgebirge Aue * 24  6  6  7  24:26  -2
14  VfR Aalen 23  4 11  5  17:24  -7
15  Wacher Burghausen * 20  5  5  9  24:35 -11
16  Jahn Regensburg 20  4  8  8  19:30 -11
17  Dynamo Dresden * 18  4  6  9  14:22  -8
18  Wuppertaler SV Bor. 18  4  6 10  18:31 -13
19  Werder Bremen II 16  4  4 12  26:35  -9
20  Stuttgarter Kickers 14  2  8 10  24:42 -18

(*マークは20節は未消化)

 

SCPニュース#45 : SCP対デュッセルドルフ はコメントを受け付けていません。

12 14 2008

SCPニュース#44 : Herbstmeisterschaft確定

【SC Paderborn will be Herbstmeister】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

イエエエエエーーーーース!(←なんか口癖になりそう)

いやー、86分までパダボーンは0-0で、他会場では2位のウニオン・ベルリンがリードしていたから、一時はこのまま2位で折り返すのかとあきらめていたら・・・。



レニンク、ありがとー。
このあと、ロスタイムにもPKで1点を加え、結局2-0でシュツットガルト・キッカーズを破り、ポイント41で3部リーグのHerbstmeister(秋の王者)が確定しました。(他のチームは試合が残ってますが、ポイントで届くチームはもうない)

 

SC Paderborn 07 – Stuttgarter Kickers 2:0 (0:0)

【Tore】
1:0 Löning (86.)
2:0 Güvenisik (90. + 2, Foulelfmeter)

【SC Paderborn 07】
K. Jensen – Je. Wemmer (68. Güvenisik), Holst, Mohr, Schuppan (78. Halfar) – K. Fischer – B. Lindemann, Alushi, Brandy (74. Krecidlo) – Löning, Kumbela

【Stuttgarter Kickers】
Salz – Steinle, Mann (74. Kettemann), M. Ortlieb, Härter – Traut (77. Reiß), Rosen, Deigendesch, Gentner – Schürg (64. Gambo), Smeekes

 
今夜は、珍しいことにネットでウニオン・ベルリン対エムデンの試合が流れていたので、それをだらだらと見ておりました。
ベルリンが2点目を追加した時点で、あー、これはもうだめだ・・・と思いつつ、試しにkickerのライブテキストを更新してみたら、SCPもちょうど1-0になっていたのでした。最後まで心配させるぜ。

しかし、この時期のグラウンド状態はほんとに最悪ですね。もうあちこちがドロドロ。ボールが途中で失速して止まるわ、転ぶと泥だらけになるわ。
エムデンが途中、どフリー真正面を2回続けてはずしたときには、もう笑うしかありませんでした。ベルリンの方がカウンターながら、まだましな試合をしてたかなあ。

パダボーンが2部に上がってくれたら、試合を見る機会ももう少しありそうですが、ドリッテだとほんとにラジオ放送ですらきびしい・・・。

 

2 responses so far

12 12 2008

SCPニュース#43 ドチェフ監督インタビュー

【SCP#43 : Dotchev interview】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

kickerにパダボーンの監督パベル・ドチェフのインタビューがでています。

ドリッテのスケジュールは、今週末が19節で、全38節のちょうど折り返しになりますが、翌週(12月21日まで)に20節のゲームをこなしてウィンターブレイクに入ります。
土曜日にSCPが勝つとHerbstmeisterschaftです。うひゃ、信じられない。
(ちなみに18節はまさかのヴァッカー・ブルクハウゼンに2-0で敗れております)

『目標はツヴァイテ・リーガ』

Q :ドチェフさん、土曜日には『Herbstmeisterschaft』が待ち構えていますが、このタイトルはどういう意味をもちますか?

A :試合にむけて、さらにモチベーションがあがります。そのようなタイトルは、いい仕事をしてきたという一種の証明みたいなものだから。

Q :その後はデュッセルドルフとのホームゲームです。両方のゲームではどのようなチャンスがあると思いますか?

A :どちらの試合も勝ちたいと思っているし、首位を守りたい。ただ難しい使命です。シュツットガルトはブレーメンに勝って戻ってきている。デュッセルドルフは昇格の直接の競争相手です。

Q :SCPは首位で、ゴールも一番多いです。これまでの結果についてはどうでしょう?

A :私たちは比較的コンスタントに結果を見せてきていると思います。4敗しているゲームは自分たちのせいだし、チームとしてほんとに機能しませんでした。

Q :冬の間はそのようなことも研究しなければなりませんか?

A :ええ。前半は、しっかりとコンパクトな位置をとっている対戦相手にしばしば苦労しました。チャンスをうまく利用することも確実ではなかった。ゴールのためにたくさんのチャンスが必要だったのです。

Q :冬の間に補強などは考えられていますか?

A :基本的にはないですね。マーケットではアクティブではありません。ただ、誰かが動くということになると、当然考えなければいけないでしょうね。

Q :38節目にはSCPはどこにいますかね?

A :私たちは昇格するだけのものを持っています。ツヴァイテ・リーガが私たちの目標です。

 
ドチェフ監督、最近すっかりファンです。



ドイツ語ネイティブじゃないせいか(ブルガリア人。国籍はドイツ)、ものすごくわかりやすいドイツ語を話します。あと、話の論理はしっかりしていて、柔らかーい口調だけど説得力があります。
自分の仕事に対して確かなものを持っている人って感じ。
まだ43歳なんだ。そんな風に見えないぞー。

いま、私、一押しの有能な監督。(といってもよそに取られたくないけど・・・)

 

SCPニュース#43 ドチェフ監督インタビュー はコメントを受け付けていません。

11 30 2008

SCPニュース#42 ブレーメンII 2-3 SCP

【SCP#42 : Bremen II 2-3 SCP】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

さーて、楽しいニュースを書くか・・・って、今、そんな気分になれるニュースはパダボーンのことだけです。まあ、ひとつでも楽しいことがあるっていうのは幸せなのかも?

SCPは今週は金曜日の試合でした。
土曜日の朝には結果を知っていたのですが、映像が出るかなーと思って待ってました。

今節はブレーメンIIとの試合を制し、ついに5連勝。
2位につけていたデュッセルドルフがイエナに負け、3位、4位だったウニオン・ベルリンとキッカーズ・エムデンが勝ったため、2位以下は入れ替わりましたが、それでもポイント35と、2位以下を3つ離して首位キープ。

WDRに映像があります。

Werder Bremen II – SC Paderborn 07 2:3 (0:2)

【Tore】
0:1 Löning (30.)
0:2 Güvenisik (40., Foulelfmeter)
1:2 Oehrl (62., Elfmeter-Nachschuss)
1:3 Holst (66.)
2:3 Granskov-Hansen (88.)

【Werder Bremen II】
Pellatz – Holsing, Feldhahn, D. Schmidt, N. Andersen – Diekmeier, Bargfrede (73. Kempe), Artmann, Perthel (46. Ronneburg) – Granskov-Hansen, Oehrl

【SC Paderborn 07】
K. Jensen – Gonther (20. Je. Wemmer), Holst, Mohr, Halfar – Krösche, Brandy, Alushi (79. K. Fischer), B. Lindemann – Löning, Güvenisik (71. Damjanovic)

 
試合前のプレスカンファレンスで、ヴェルダーから来た選手が5人もいますね?と聞かれ、ドチェフ監督は『彼らはとてもモチベーションがあがっている』と答えていました。
その5人とは今季移籍してきたDFのモハーとレニンク、それ以前にヴェルダーに在籍していたクレシェ、ヴェマー、GKのイェンゼンですね。みんなSCPではメインでプレーしている選手たちばかり。

それにしてもレニンクはほんとにゴール量産体制に入ってますね。この日も1得点。
ちょっ、なにこの連続ゴール数。ありえねー(笑)



次節はSVヴァッカー・ブルクハウゼンと対戦します。

 

SCPニュース#42 ブレーメンII 2-3 SCP はコメントを受け付けていません。

11 26 2008

SCPニュース#41 SCP 4-0 VfR Aalen

【SCP#41 : SCP 4-0 Aalen】

Published by under 3.Liga,SC Paderborn 07

ばたばたしていて、SCパダボーンの結果を3節ほど掲載しておりませんでした。(書いてないだけで、その快進撃は心の拠り所だったのですがー)

なんと、ドレスデンでの勝利から、現在、4連勝中です。
前節の15節で首位復帰。今節もアーレンに勝利して1位をキープしております。

第14節 SCP 2-1 ブラウンシュヴァイク
第15節 カール・ツァイス・イエナ 2-4 SCP
第16節 SCP 4-0 VfRアーレン

アーレン戦はARDにビデオがあります。

Paderborn 07 – VfR Aalen 4:0 (3:0)

【Tore】
1:0 Holst (14., direkter Freistoß)
2:0 Löning (17.)
3:0 B. Lindemann (43.)
4:0 Kumbela (88., Foulelfmeter)

【SC Paderborn 07】
K. Jensen (3) – Gonther (3), Holst (2), Mohr (3), Halfar (3) – Krösche (3) (85. Schuppan) – Brandy (3,5), Alushi (3), B. Lindemann (2) – Löning (2,5) (67. Kumbela), Güvenisik (4) (74. Guié-Mien)

【VfR Aalen】
Linse (3) – Schöckel (5), Alder (4,5), Sichone (4,5), Stegmayer (4) – A. Hofmann (4), Stickel (4) – A. Mayer (4) (60. Shynder), Haller (4), K. Andersen (5) (53. Hohn)- Sailer (4,5) (76. Bohl)

 
映像の最初に写っているのはアーレンのスポーツ・ディレクター、ユルゲン・コラー。
アーレンの監督、交代したんですね。(RunjaicはSCP戦が最後の試合になりました。次の監督はPatrik Sander)

あー、雪が降ってる。寒そう・・・って、アルシ、半袖かよっ!

あいかわらず、SCPは前に人数をかけた分厚い攻撃です。14分、まずFKからホルストのゴール。
さらに17分、リンデマンの素晴らしいパスをレニンクがダイレクトで決めて2点目。うますぎる。

アーレンにもなんどかチャンスがあったのですが、いまいち決めきれません。

SCP、ブレンディのシュートはGKのファインセーブ。
前半終了間際のリンデマンの3点目がすごすぎます!
コーナーからDFに当たってはじかれたボールを、ダイレクトでゴール上方の隅に決めています。リンデマン、いい選手だよなー、ほんとに。(写真手前がリンデマン。奥がアルシです)



さらに後半、88分、ブレンディの突破からPKで4点目。
ロスタイムにもゴンターが突破をはかり、倒されてPKになりましたが、ギエ・ミエンがはずしてしまい、5点目を奪うことができませんでした。

なんだか、怖いくらいに絶好調です、超攻撃的サッカー。このまま突っ走れ。

 

2 responses so far

« Prev - Next »