Always look on the bright side of life

ウニオン・ベルリンサポーターの歌う「Always look on the bright side of life」というチャントが好きで、2015年にボーフムとの試合で実際に聞いた時にはかなり感動しました。元々はモンティ・パイソンの映画、「ライフ・オブ・ブライアン」のエンディングで使われている曲です。「いつでも人生の明るい面を見よう」(前向きに行こう)は、劣勢になった時の選手の後押しとして、またネ […]

ドイツサッカー好きによる前半戦レビュー

シーズン前に今季のプレビューを書いたサイトで、シャルケ前半戦の総括編を書きましたので、こちらにも転載いたします。 少しタイミングが遅くなりましたが、後半戦が始まる前に出したので、内容も現時点では多少のズレがあるかもしれません。 こういう機会をいただくと、シーズンを客観的に振り返ることができ、個人的にもすごく良いなと思います。毎回、お忙しい中、時間を割いてまとめていただいている暁さんに感謝です。 1 […]

ここではないどこかへ

この夏の移籍市場では、いくつかのチームのサポにとって信じられないようなことが起こりました。元ブレーメンのハントは長年のライバルチームHSVへ移籍し、グロスクロイツは最愛のチームを離れました。アロフスが99%残ると言っていたデ・ブライネは、マンチェスター・シティへ記録的な金額で移籍し、そのあおりを受けてドラクスラーがヴォルフスブルクへと旅立ちました…。 入団会見でヴォルフスブルクのマネージャー、アロ […]

ブライテンライターさんがシャルケの監督に就任

昨夜は帰宅後、なぜか急にパーダーボルン昇格記念DVDが見たくなり、いままで流す程度だったビデオをじっくりと見ました。昇格した2013/14シーズンを、選手やクラブ関係者、監督のインタビューを挟みながら振り返るドキュメンタリーです。34節までのハイライトを堪能し、昇格した時の嬉しかった気持ちをなんとなく思い出したりしました。 そしてまさに見終わった直後に、ブライテンライターさんがシャルケの監督に就任 […]

11Freundeに掲載された内田コラムについて

ドイツのサッカー雑誌「11Freunde」の156号は「選手が作る11Freunde」というテーマで、ドイツでプレーする選手たちが様々な文章を寄稿しています。 そのうちの一人にシャルケから内田選手が選ばれたことは、シャルケのファンとしても、また「11Freunde」というサッカー雑誌のファンとしても嬉しいことでした。 日本とドイツの文化の違いやシャルケでプレーする意味などを率直に語ってくれた内容は […]

ケラー解任をドイツ人はどう分析したか

ケラーが解任された後、いくつも新聞記事やコラムを読んだのですが、一番納得したドイツ人のブログをちょっと訳してみました。 この方は以前からシャルケの試合を戦術面から解説するコラムを書いていて、これまでずっとケラーについては良い面を強調しつつ書いていたのですが、今回は非常に辛口です。 私も監督在任中はできるだけ良い面を見るようにし、監督批判は避けたいのですが、一度新しい局面に物事が動いた時は、これまで […]

よみがえったSchalkefan.de

2013年3月、シャルケファンのMatthiasは38歳で病気のためこの世を去りました。風邪の症状で体調を悪くして1週間以内の出来事でした。 彼が亡くなったことは思い出すといまでも涙が出るほど悲しいけど、同時に彼のブログがもうこの先更新されなくなってしまったという事実がさみしくて、シャルケで何かあると、こういうときMatthiasだったらどんな風に考えただろうと、無性に彼の考えを読みたくなることが […]

シャルケのコレオの意味とHSV Plusという選択

ようやくウインターブレイクが開けて、ブンデスリーガ後半戦が始まりました。 シャルケはHSVとの対戦。フンテラールが長い怪我から復帰してゴールをし3-0で勝利。試合に勝ったこともだけど、久々に良い内容だったことも嬉しいです。 ところでこの試合、シャルケ側のゲストブロックにはコレオが出されました。 コレオの文章にはチケットをめぐる『Faire Karten Preise』(公正なチケット価格)というの […]

シャルケのデジタルメディア戦略

スポナビなどでドイツサッカーについての記事を寄稿しているダヴィド・ニーンハウスが、シャルケのデジタルメディア戦略について、マーケティング・ディレクターのトーマス・シュピーゲルに行ったインタビュー記事をWebにアップしてくれています。 昨年Twitterでも少し書いたのですが、興味深い内容なので加筆してBlogにもまとめてみます。 “Schalkes Mediendirekor Spie […]

セアド、マックス、レオンのトリオ・ザ・インタビュー

だいぶ前の号ですが、SportBildにセアド・コラシナツ、マックス・マイヤー、レオン・ゴレツカの三人のインタビュー記事が掲載されていました。ちょっと興味深かったのでご紹介してみます。 三人三様の考え方があって、それぞれ特徴が違います。レオンはこの年でなかなか外交官的な発言をしますね。 それにしてもマックス君はしゃべらない子ねえ(笑) ******************************* […]