『クラブ・デ・クエルボス』に夢中

メキシコ・シティから車で三時間。ヌエボトレドは観光資源のない貧しい街です。しかしこの街には人々が誇りに思うものがひとつだけあります。それがメキシコ一部リーグでプレーするクエルボスFCです。 1979年に資産家のサルバドル・イグレシアスが元となるサッカーチームを買収、84年には一部リーグへ昇格と、クラブは順調に成長を続けてきました。ゼネラルマネージャーのフェリックスは、強豪のパチューカから誘いが来る […]

映画『Trainer!』に見るプロサッカー監督

「監督!」(Trainer!)というドキュメンタリー映画が2013年に公開され、ドイツで大きな話題になりました。三人のプロサッカーチームの監督を一年間追いかけ、サッカー監督とはいったいどういう職業なのか、その適性とは何か、何が正しくて何が間違っているのか、現代のドイツサッカーを取り巻く問題点は何かなど、様々なことを見る者に問いかける非常に優れたドキュメンタリーです。

映画『Spielerberater 代理人』

3月14日から19日まで、第10回国際フットボール映画祭(公式サイト)がベルリンで開催されていました。 オープニングセレモニーではフィンランドのヤリ・リトマネンがゲストとして招かれ、開催中にも様々な豪華なゲストが登場しました。 土曜日にはシャルケのティモ・ヒルデブラントと彼の代理人ヨルグ・ネプルンクが登場。 その日、映画祭で上映された『Spielerberater』というドキュメンタリーは、このふ […]

サイクルロードレースにハマる

更新が滞っていてすみません。 2週間前に渋谷・アップリンクで上映中だった『Blood Sweat + Gears』という自転車ドキュメンタリー映画を見て以来、すっかりサイクルロードレースにハマり、欧州サッカーシーズンがオフなのをいいことに毎晩ツール・ド・フランス三昧で、全然ブログに手をつける時間がありません(汗)。 週末あたりにまとめてアップしますので許してー。 これまで周りに自転車好きな人がけっ […]

ヨコハマ・フットボール映画祭に行ってきました

土曜日は横浜・伊勢佐木町のジャック&ベティで開催されていた『ヨコハマ・フットボール映画祭』を見に行ってきました。記念すべき第一回目のフットボール映画祭です。 4作品全部は体力的に無理なので、見たのは『ロミオ&ジュリエット』と『クラシコ』の2本です。映画の後にはヨコハマ・フットボール映画祭の各賞発表やクロージング・パーティがあり、楽しい一日をすごしました。 『ロミオ&ジュリエット』はインドネシア映画 […]

休養とソウルキッチン

えーっと、ちょっとブログはお休みしておりました。 毎年、Jリーグがオフのこの時期は一気に活動意欲が減退するうえに、シャルケに関しては気分がふさぐことが多いもので・・・。 ま、いろいろ考えたのですが、やっぱり全部の試合について書くのは無理かなーと。書きたくない試合や書きたくない気分の時だってあるもんなー。 ・・・ということで、これまでもマイペースではありますが、さらにマイペースでブログを切り盛りして […]

ヨコハマ・フットボール映画祭

先日から気になっている映画祭について。 2月19日(土)に横浜のシネマ・ジャック&ベティにおいて、『ヨコハマ・フットボール映画祭』が開催されます。 上映される映画は下記の4本。 『アイコンタクト』 『ルド and クルシ』 『ロミオ&ジュリエット -フーリガンの恋- 』 『クラシコ』 柳下さんのブログでも紹介されていますが、『ロミオ&ジュリエット -フーリガンの恋-』がめちゃくちゃ気になります。 […]

兵士の物語@新国立劇場

日曜日は初台の新国立劇場に『兵士の物語』の舞台を見に行ってきました。 アダム・クーパーを見るのはAMPが2003年に『Swan Lake』で来日して以来です。『リトル・ダンサー』でやつの肩甲骨に惚れてしまったのが始まりだったわね・・・。 『Swan Lake』は本当にエキサイティングで、思わずその後、DVDまで買ってしまったくらい。もうこの人の肩甲骨にずっとついていく~!と決めたものでした。 ・・ […]

バーダー・マインホフ

昨日は時間があったので渋谷のシネマライズで『バーダー・マインホフ 理想の果てに』という映画を見てきました。 今年度のアカデミー外国語映画賞にノミネートされたドイツの映画です。 1967年、イラン・バーレビ国王(ムハンマド=レザー=パフラヴィー)夫妻のドイツ訪問を発端に、1977年ドイツの実業家シュライヤーが誘拐され遺体となって発見されるまでの10年を、ドイツ赤軍(RAF)の活動を中心に描かれていま […]

Das Leben der Anderen

今日、10月3日は『Tag der Deutschen Einheit』(ドイツ統一記念日)で、祝日です。 先ほどARDではハンブルクで行われた統一式典の様子を放送していました。(統一記念式典は毎年違う都市で行われているようです) 1990年の東西統一から18年。ドイツの法律では18歳が成人とみなされるので、18年目の今年は節目の年と考えられているようです。 『NDR Online – […]