J1第32節 千葉 0-3 横浜

3月23日、ナビスコ柏戦以来のフクアリです。
日曜日のチケットは完売でした。サポの出足も早く、いつもなら最後まであいているバックスタンドのアウェイ寄りも、試合前にはもう埋まっていました。

マリノス側からするとたぶん会心の勝利。

 

ジェフからすると実力の差を感じさせられた完敗のゲームでした。

試合後はちょっと脱力してイスから立ち上がることができなかったのですが、ふとバックスタンドを見ると、潮が引くかのようにさーっと人がいなくなっていたのには驚きました。

でも気持はわからなくもない。
なんだかハッと目が覚めたらそそくさと帰りたくなった・・・という感じでしょうかね。



前半の時点でジェフのチャンスと言えば工藤のミドルと、クロスに飛び込んだ新居くらいしか思いつきません。
一方でマリノスもボールは持っているものの、要所でパスミスをしたり、あるいはハユマへのパスが通らなかったりと、どことなくピリッとしません。

前半はミスも多かったハユマが、後半に入ると一転していきいきと仕掛けはじめ、サイドの攻防ではマリノスにすっかりやられてしまったあたり、マリノスの方が修正をかけるのがうまかったと言うべきか。

マリノスの1点目は、狩野、金、兵藤と前の3人がきれいに絡んで点をとったところが、あー、いいコンビネーションだなあ・・・と思いました。
同じように前には巻、新居、深井という攻撃的な選手がいたジェフですが、後半にはそれぞれの連携に乏しく、意図するところがよく見えませんでした。サイドもやられっぱなしで、うまく修正して対応したとはいいがたい。

マリノスの2点目は小宮山の素晴らしいミドル。3点目は警戒していた金にあっさりときめられてしまいました。

8分で3点。

試合後のミラーのコメントを読んでも、もう切り替えて次の試合を考えるしかないよね、と感じさせられます。

マリノスの狩野くんは、2005年にサテの試合で見たときにちょっといい選手だなーと思ったのですが、久々にみるとすっかり相手チームにとってコワい選手に成長していました。
後半38分には水沼Jr.も登場。
マリノスって今年、ほんとに残留争いとかしてたの?と不思議になったくらいです。

今季も残すところあと2試合。
とにかく今思うことは最後の最後まであきらめないこと。

『ボールっていうのはな、しぶとく諦めないヤツのところに必ず転がってくる』(ジャイアント・キリング)

 

J1第32節 千葉 0-3 横浜」への4件のフィードバック

  1. 負けたけど、内容もマリノスに分がありましたし、引きずってなくサバサバしてます。

    上の結果次第じゃ、次のエスパルス戦で決まってしまうんですよね。。

    8分で3点
    >どこかで見たフレーズと思ったら、去年のエスパルス戦ですねぇ(笑)
    ちょうど、次ですね。
    1年分の利息つけて、勝ち点返してもらいましょう!

    攻撃的な布陣で、前半を押さえ気味に臨んだ結果、最後までチグハグなままに終ってしまったような印象です。

    坂本サイドが小宮山&狩野、良太サイドが兵藤&隼麿、とサイドで数的有利を作ってて、あまり新居や谷澤も守備に帰ってきてくれなくて・・・見ててちょっと可哀相でした。
    そこからカウンターに移れればよかったんですけどね。。。

    そういった有利な状況だったのもありますけど、狩野は良いプレイしてましたね。
    (金髪で目立ってたのもあるかも??そういう面でも髪型って大事?)

    自分も、諦めてしまったら、勝つための道も見えなくなってしまうと思うので
    最後の1秒まで諦めないことって、大事だと思います。
    (例えば、2000年ユーロ決勝なんか最後の1プレイで決勝点が入ったわけだし。)

  2. >alenaさん、
    あー、8分で3点。
    ホーム開幕戦でしたね。あれは調べてみると、4分で3失点でした(ははは。最悪)
    昨シーズンの日本平はジョーレのものすごいロングシュートで引き分けたんですよね。
    あー、ほんとに借りを返してもらわないと・・・。

    新居や谷澤はちょっとどうしたんだろうな、ってくらい存在感がなかったですね。
    あれではサイドをやられてしまうのもしょうがない。
    まあ、完敗だっただけに、引きずらないですむかもしれないけど。

    狩野くんはよかったですよね。ま、よかったのは彼だけじゃなかったけど・・・。はあ。

    ユーロ決勝。イスタンブール。2005年Jリーグ最終節。
    サッカーは最後の最後まで何が起こるかわからない。

  3. どうも、はじめまして。
    ここ1,2年シャルケのことが気になっておりまして(一番愛しているクラブはF・マリノスですが)、気付いたらここのサイトをロムるようになってました(^^)。

    個人的には1点差のゲームになるだろうと予想してましたので、32節の結果には驚いています。
    と同時に心が休まりました。
    31節の京都戦は今季のワーストを争う酷い試合で(あと相手GKとちょっとしたゴニョゴニョもあって)、尻に火がついていたからです。
    なので、自分が当初思い描いていた「勝ち点42で32節を迎え、引き分けに終わる」というプランは崩れ、ただ自分たちのために勝ちに行きました。
    といっても、自分はフクアリには急な用事があって行けなかったんですけど・・・。

    とはいえ、今となってはやはり千葉には是非とも残留して欲しい気持ちで一杯です。
    横浜から近いし、アリーナは見やすいし、チーム創設以来2部を一度も経験していない只一つのクラブだからです(異常なまでにウチを苦手にしているから、というのもありますが^^;)。
    次節は読売をボコルつもりでいきますし、磐田は勢いを取り戻した鹿島相手なんで少なくとも勝つ可能性は少ないでしょう。
    なんで千葉にもまだ十分チャンスはあると思います。
    残留できるようにガンガレ、千葉!

    最後に、「サッカーは最後の最後まで何が起こるかわからない。」に、是非とも2003年Jリーグ2nd最終節も加えておいてください。
    これからもたまに書き込みにきます(´ー`)。

  4. >El Marinoさん、
    はじめまして。コメントありがとございます。

    >個人的には1点差のゲームになるだろうと予想
    私も試合後に、マリノスのサポにとっても意外な展開だったんじゃないかなーと思いました。
    いや、でもほんとにすばらしく良かったと思いますよ、後半。
    この結果でマリノスも残留が確定したんでしたっけ。
    それにしてもどうしてこんなに横浜が苦手なんでしょ、千葉。相性でしょうかねー?

    それにしても今年はほんとにどこも胃の痛い展開が続きましたよね。
    ・・・って、ジェフはまだまだ胃が痛いんですけど(汗)

    2003年Jリーグ2nd最終節、すごくよく覚えてます。
    私、横浜に住んでいたので、千葉から試合後、横浜駅に戻ってきて、よろこんでいるマリノスファンを見ながら溜息をついたものでした・・・。全くJリーグは最後の最後までもつれますよね。毎年、気が気じゃありません。

    応援、どうもありがとうございます。
    最後まであきらめずにがんばりたいと思います。

    シャルケも今のところはちょっともたもたしてますけど、こっちもあきらめずにがんばってほしいなあ。

    また書き込みに来てくださいねー。

コメントは受け付けていません。