11Freunde 内田記事・再掲

11Freundeがリニューアルをして、以前掲載してもらった内田君の記事にアクセスできなくなってしまいました。せっかくなのでこちらにも再掲載します。これを出してもらったときは本当に力不足でした。間違いだらけでシャルケにも内田君にも申し訳ないことをしてしまった。この機会に全面的に書き直しました。読むとあの頃のシャルケの熱気が伝わってくるような気がします。

戻りつつあるスタジアムの光景

Nordkurve

パンデミックにより無観客となったドイツの試合をテレビで見ているうちに、だんだん以前のような情熱をサッカーに対して持てなくなっていることに気がつきました。もちろん昨シーズンのシャルケのゴタゴタや、最終的には2部に降格するに至った試合内容の悪さも、大きな要因の一つだったのは確かです。

Kreiselの板倉選手インタビュー

板倉選手がシャルケに来てから約3か月。あっという間にディフェンスラインの救世主となり、チームの中心選手としてプレーしています。シャルケに来る前には五輪代表くらいでしか見たことがなかったのですが、いまや私もすっかりファンの一人です。代表の試合には何年も行ってなかったのに、板倉選手が選出されたので、さいたまスタジアムで行われたアジア最終予選を見に行くほどです。

Bisher bei Babylon Berlin…

(写真のKaDeWeは戦後に再建されたものです)  昨年末、BS12で「バビロン・ベルリン」シーズン3の放送があり、それに合わせてシーズン1、2も再放送されました。以前の放送は見逃がしてしまったので、今回やっとシーズン1から3を通しで視聴。噂通りの素晴らしいドラマでした。

【公式】ブジェラブ・U23の経験が生きている

シャルケU23からプロ契約したナッシム・ブジェラブのインタビュー。シャルケでU19からU23へ行くことは、トップデビューの可能性が極めて低くなったことを意味しますが、そこからプロ契約を勝ち取ったナッシムは『U23もクナッペンシュミーデ(シャルケユースアカデミー)の一部』と語ります。

U19エルガート監督・必要な時にそこにいること

シャルケU19監督エルガートさんのインタビューがSport1に掲載されていましたので、ご紹介いたします。選手が自宅待機で思うようにいかない時期には、近くにいて彼らの力になることが必要だと語ります。(インタビューアのPatrick Bergerさん、掲載許可ありがとうございました)

オシム『また一から始められたら』

1月にSPOXに掲載されたイビチャ・オシム監督のインタビュー記事をご紹介します。インタビューアのFabian Zercheさん、掲載を快諾いただきありがとうございます。オシム監督の誕生日に合わせたかったのですが、1日遅れてしまいました。オシムさんとご家族がいつまでも健康であることを願っています。