シャルケはどこへ向かっているか

金曜日、来シーズンも継続すると見られていたヴァインツィールがシャルケを解任され、ドイツ2部エルツゲビルゲ・アウエの監督であるドメニコ・テデスコが後任になることが発表されました。メディアの解任報道があって1日足らずの出来事でした。ハイデルはマインツでも、アンデルセン解任からトゥヘル内部昇格へ動いた時のように、決断してからの動きは驚くほど早いです。

2016年をビールで振り返る

年末年始も仕事に没頭し、おせちも雑煮も食べなかったせいか、新しい年になったという実感が今一つ湧きません。昨年もひたすら仕事に明け暮れた年でしたが、それでも国内外を旅行する機会に恵まれました。ようやく時間が取れたので、各地で味わった美味しいビールを通して2016年を軽く振り返ってみます。  

『クラブ・デ・クエルボス』に夢中

メキシコ・シティから車で三時間。ヌエボトレドは観光資源のない貧しい街です。しかしこの街には人々が誇りに思うものがひとつだけあります。それがメキシコ一部リーグでプレーするクエルボスFCです。 1979年に資産家のサルバドル・イグレシアスが元となるサッカーチームを買収、84年には一部リーグへ昇格と、クラブは順調に成長を続けてきました。ゼネラルマネージャーのフェリックスは、強豪のパチューカから誘いが来る […]

映画『Trainer!』に見るプロサッカー監督

「監督!」(Trainer!)というドキュメンタリー映画が2013年に公開され、ドイツで大きな話題になりました。三人のプロサッカーチームの監督を一年間追いかけ、サッカー監督とはいったいどういう職業なのか、その適性とは何か、何が正しくて何が間違っているのか、現代のドイツサッカーを取り巻く問題点は何かなど、様々なことを見る者に問いかける非常に優れたドキュメンタリーです。

パダボーンにエメルリンク新監督

パダボーンのミュラー監督が解任され、ケルンU21でユースを指導していたエメルリンクさんが新たに監督としてパダボーンにやってきました。 と同時に、退任したフィンケも会長としてクラブに戻ってきました。 個人的には戻ってくると思っていたよ、フィンケさんという感じです。とてもアクの強い人ですが、フィンケ会長がいなくなったパダボーンは、良くも悪くも個性のないチームになった気がして、成績よりもその点がちょっと […]

パダボーンの降格と新シーズンに向けて

2015/16シーズンはブンデスリーガ一部から二部に降格し、新監督で臨んだパダボーンですが、最終的に18位で三部に自動降格という結果になりました。三部が創設された2008/09シーズンから見ても、一部から三部まで毎年ストレートに降格したのはパダボーンが初めてのことになります。降格と共に、20年クラブに奉仕してきたフィンケ会長も辞任。数々の優秀な監督をいち早く見つけ、パダボーンに連れてきたボルンSD […]

クラブの年次報告書を読む

2015年度(2015年1月~2015年12月)のシャルケの年次報告書が発表されました。 Höchster Umsatz und Rekordergebnis im Jahr 2015 at s04公式 シャルケは株式市場に出ているわけではありませんが、社債(サポーター債券)を発行しているので、2012年度から決算の数字を公表しています。 概要をまとめると、売上高は264.5ミリオンユーロ(330 […]